クイッと飲む朝のトマトジュース

「サイダー」は嫌い?好き?いろいろあるかもしれないけど、それほど悪いものじゃない気がする、「デザイナー」は。そう思わない?
トップページ >
ページの先頭へ

ひんやりした仏滅の夜明けに読書を

夜、眠りに入れないときに、DVDをなんとなく見るのが楽しみ。
昨日の夜見た映画は、エスターというアメリカ映画だった。
主要人物、エスターと言う子はしっかりしているけれど少し不思議な少女。
ラストに想像もできない結果があなたを待っている。
それを観賞の中盤で、結末が理解できる人がいるだろうか疑問なほど意外すぎる真実。
というのは、ドキッとさせるのではなく、とにかくある種のホラー映画のような結末だった。
映画は、いつも私の夜の時を満足させてくれる。
だけど、常にミリンダだったりお酒だったりもセットなので、体重が増加するのが良くない。

曇っている平日の朝は座ったままで
田舎に住んでいたら、ネットショップでものがお手軽に購入できるようになったのが、とても簡単だ。
それは、まともな本屋が市内に一軒だけしかなく、品ぞろえもひどいから、購入したい本も買えないからだ。
取り寄せるよりはインターネットで買う方が手間がかからない。
だって、本屋に行くだけで原付で30分かかるからめっちゃめんどくさい。
オンラインショップに慣れたら、なんでもネットショップで買うようになった。
なんでもインターネットで手に入れるようになった。
電化製品は、ネットのほうが絶対に安いし、型番商品は絶対にネットショップ購入だ。
だけど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

悲しそうに吠える君とよく冷えたビール

じっと見てしまうくらい綺麗な人に会ったことがありますか?
過去に一度だけ見かけました。
バス内で20代後半くらいの女性。
女性の自分ですが、ときめいてしまいました。
どれだけケアをしているか、という自分の努力も関係すると思います。
だけど、内側からにじみ出るオーラは確実にありますよね。
この世界には素晴らしい人がたくさんいるんだなーと感じました。

息もつかさず叫ぶ家族と冷めた夕飯
プレゼントに友達に貰った香水、強いフローラル系の匂いである。
私に似合う香りを頭に置いて選んでくれた商品で、小さくて飾りがついていて可愛い。
雰囲気も香水ボトルも大きくいっても派手とは言い難い香水だ。
香水ショップには多くのボトルが置いてあったけれど、目立たない場所に置いてあったもの。
容量はちっちゃい。
シンプルでお気に入りだ。
出かける時だけでなく、出張の時もバッグに、家で仕事をするときは机の隅に必ず置いている。
そのことから、私のカバンの中は同じ匂い。
だいたい身に着けているため、そうじゃないときは「今日あの香りしないね」と気づかれる場合もたまにある。
香水ストアでさまざまな香水を試してみるのは好きなことだけど、この匂いは今までで最高に気に入ったものだ。

ノリノリでお喋りする友人と気の抜けたコーラ

最近は、釣りに道具を持っていってない。
会社でたいそうあわただしく出かけられないというのもあるが、しかし、めちゃめちゃ蒸し暑いから、釣りに行きにくいのもあることはある。
それに、業務終わりに近くの堤防を見学しても多く釣れている様子がないから、すぐに出かけたいとは思わない。
めちゃめちゃ大量に釣れていたらすぐにでも行きたくなるのに。

雨が上がった月曜の昼は想い出に浸る
テレビを眺めていたり街を歩いていると、可愛いな〜と思える人は多い。
顔立ちは、正統派の美しさとは言えなくても、魅力があったりオーラがあったり。
人が発する雰囲気は、本人の内側かもしれない。
とても大きいと思う。
最近惹かれるのはミュージシャンの西野カナさんだ。
歌番組を見て、初めてインタビュー受けている姿を見た。
可愛い!と考えずにいられない。
ベビーフェイスに、体つきもバランスが良く、淡い色がとても似合う印象。
会話がおっとりしていて、方言もポイントが高い。
アルバムは割と聞くけれど、話している姿を見てそれ以上に大好きになった。

汗をたらしてお喋りするあいつとあられ雲

東京都でも江戸の頃から有名な町が、台東区にある浅草。
中でも古い寺が浅草寺。
ついこの頃、参拝に行った。
ごく稀に向かう都内浅草寺。
いっそう、自身でちゃんと見て理解したのが、日本人じゃないツーリストが多いこと。
色々な国からお客様が集まってくる浅草だが、ちょっと前よりどう見ても多くなっている。
それは世界一背の高い総合電波塔、スカイツリー完成の影響もあると思う。
アジアからは、羽田空港ハブ化に伴いアクセスが良いという事で、プラス、ヨーロッパの方やアメリカ方面は、着物や和装小物に憧れを抱いて来ているツアー客が多数かもしれない。
いずれ、これからの未来も多くの外国人が来るということを想像した。
この国の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る思い出にしてほしい。
私は、仲見世通りを思いっきり観光することができた。
お土産として有名な人形焼と雷おこしをたくさん購入して、着物や帯も観賞させてもらった。
宝蔵門を抜けると、威厳のあるご本堂が見える。
こちらの瓦屋根は、雨に濡れてもさびにくいチタンを使用し、工事を行ったという。
秘仏の観音様に旅の無事と平和を祈りご参拝した
今の努力が、必ずどこかで実りますように。

汗をたらして吠える彼と横殴りの雪
今日の夕食は一家そろって外食なので、少年は行く前からワクワクしていた。
何を注文しよう、と出発前からいろいろと思いを巡らしていた。
パスタやハンバーグ、餃子や春巻き、などなど、メニュー一覧には何が載っているのかとても楽しみでもあった。
行くのはこの前できたばっかりのファミリーレストランだ。
お父さんの運転する車は、もうすぐ目的地に到着する。
お母さんは助手席からお父さんに話しかけている。
お姉ちゃんは後部座席で、携帯電話をいじっている。
少年は車から降りると、期待に胸を膨らませて、入り口の扉を開いて家族を待った。

天気の良い土曜の日没は微笑んで

せがまれて、知り合いの所有地のモウソウダケの除去を手伝っていたけれど、しかし、高すぎる竹がものすごくうじゃうじゃ生えていて大変だった。
知人が土地の管理を父親から引き継いで、大きな竹がたてこんで生えていて、伐採しづらかったらしい。
自分は、ちょっと仕事で利用するモウソウダケが欲しかったので、もらえるとなり、ありがたくて良かったが、竹やぶになった里山から出すのもきつかった。

どんよりした休日の昼は歩いてみる
ものすごく甘いおやつが好きで、ケーキなどをつくります。
普通に手で一生懸命混ぜて、型に入れオーブンで焼いて作成していたけれど、最近、ホームベーカリーで作ってみたら、すごく手軽でした。
娘にも食べさせるので、ニンジンをすって混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養が摂取できるように気を付けている。
甘味料が少量でもニンジンやかぼちゃ自体の甘味があることによって、好んで口にしてくれます。
ここ最近は、スイーツ男子なんて表現もテレビで言っているから変ではないのだけども、しかし、高校の頃は、甘いお菓子を作っているといったら不思議に思われることが多かったです。
最近は、お菓子をつくる男がよくいるねとも言われる。

メニュー

メニュー

Copyright (c) 2015 クイッと飲む朝のトマトジュース All rights reserved.